top of page
  • 執筆者の写真祐也 矢倉

meviyってどないやねん

こんにちは、GRAFFです!



ツイッターで日頃、meviyの活用事例を発信していたのですが

その甲斐あって?メビーアンバサダーになりました!?


といっても何をするわけでもなく、

契約があるわけでもなく、

メビーさんからTシャツをいただいただけです。。

(桃太郎のきびだんご的な?)


ミスミの回しものでもないので、

良いことも言いますし、悪いことも言います。


こんな使い方もあるんだな~的に思ってください。

これからも変わらず、meviyや設計情報を発信していきますので

よろしくお願いします♪





さて、もう皆様もご存じのものづくりDXサービスmeviy。



以前より使っていたのですが

meviyのメリットは大きく2つあると思っています。



①図面レスで部品の製作が可能

②ミスミ型番で購入品の手配が可能



”図面レス”が最も強烈なインパクトがあります。

ブラウザ上に3Dデータを直接アップロードするのみでOK。

あとはmeviy画面内で材質、処理、公差等を設定するだけ。


2D図面を介することなく部品の調達ができてしまいます。

(図面レス手配のメリットは「図面レス運用へのチャレンジ」をご覧ください。)



通常の出図フローですと

3Dモデルを作成

2D図面にバラし

加工業者さんに送付し見積り

加工業者さんから回答

(加工可否、納期、価格)


だいたい2Dバラシから見積り回答まで2-3週間ほどかかります。

図面の数量が少なければいいですが、100枚を超えるような場合は大変ですよね。。

せっかくのデジタルデータ(3D)をアナログデータ(2D)にするという

効率の悪さもあります。。



これがmeviyサービスを利用した出図ですと

3Dモデルを作成

meviyにアップロード

meviyから即時回答、専用型式付与

(加工可否、納期、価格)

専用型式でミスミから手配

※meviy化した加工部品は購入品と同じ扱いができる。


この間、数分。

これが圧倒的なものづくりのDXサービスたる所以です。

デジタルデータ(3D)を直接製造に生かせるのは強いです。



meviyから得られる回答も画期的です。

・加工可否

なにがダメで加工できないのか、どうすれば加工できるのか

meviyのブラウザ上でナビゲーターが教えてくれます。

これがめちゃくちゃ便利です。加工の勉強にもなります。


・納期

表示される納期は確約です!

特急、標準、ゆっくり等、納期のレベルも調整可能です。


・価格

表示される価格は確約です!

また納期設定によって金額も変動します。

(実働20日納期だと30%OFF、1日出荷だと割り増し等)




CDが即時に開示されるのは驚きですよね。

ものづくりの常識が変わります。



肝心のQCDについてですが、悪くはないです。

Q(品質): 必要十分といった印象です。加工の精度、公差はばっちりです。

付加価値的な「指示してないのに仕上がりがきれい!」などの

過剰品質は無い印象です。

(指示していいないので本来の本質は捉えており問題ないですが。)

C(価格): サプライヤ、としてみればまだ割高です。。(板金を除く)

が、そもそも図面作成工数が無くなるので

総合的に見れば安いとも思います。ここは後述します。

D(納期): ほぼ最速クラスです。横持ちがある部品でも、長くて2週間以内。

特急料金を払えば、実働1日も可能です。(材質、処理による)

発注の手間も少ないです。ここも後述します。




meviyを利用するメリットは業種や状況・環境によって変わると思います。


①1品限りの製作や試作をする場合

・2D図面レスで手配ができる

・加工業者のツテが無くても手配ができる

・すぐに部品が手に入る


ツテがなくても手配ができる、は意外とメリットが大きくて

普段から業者と付き合いがある部門だといいですが

そうでない場合は、以下の面倒くさいポイントが発生します。


・加工屋さんを探すのが面倒

・取引が面倒(口座開設等)

・図面送って~見積りとって~注文書書いて~が面倒

・見積り~発注~納品で時間がかかる。

・ちょっとだけの手配なので面倒

・QCDの不安など


こういう面倒くさッ!、をまるっと解決してくれます。

これほしいな、となってから数日後には手元に部品が届きます。


meviyはミスミで注文するのですが

ほとんど業者さんはミスミと取引あるはずです。

QCDも間違いないので、利用するハードルがめちゃくちゃ低いです。


また、個人でも利用することができます。




②特急で部品が欲しい場合

これはめちゃくちゃ助かります。笑

装置の立ち上げ段階の不具合や設計ミスなどで

超特急で部品が欲しい時、絶対にありますよね。


加工屋さんでも対応してくれる場合はありますが

3Dモデル修正

2D図面改訂・作成

加工屋さんに図面を送付

納期・価格の回答があり発注を判断


このフローを超ダッシュで踏みながら、加工屋さんと折衝。

納期が分かり次第、社内社外調整~と大忙しです。


meviyを使えば発注前から納期は見えているので

工程の調整もしやすく、特急でも納期は確約。

(形状や材質、処理にもによりますが。)


何より面倒な折衝をしなくていいので時短になります。

特急料金は高いですがTime is moneyです。




③サプライヤとして利用する場合

機械加工部品についてはQCがまだネックになる印象です。後述します。

板金加工部品についてはQCはかなり高いので、十分メインサプライヤとして使えます。


メーカー的立場でのメリットですが

meviyを利用することで購買工程を大幅に効率化できます。

というのはmeviyはミスミで利用できるサービス、であること。

個人的にはこの恩恵が一番大きいと思っています。



通常の購買では、ある製品の手配をかける時、BOMの中で

 機械加工部品はA,B社

 板金部品はC,D社

 要素部品はE商社

などと細かにサプライヤを割り振って見積りをとって注文~となるわけです。

生産スケジュールに合わせた納期調整や、逆に工程調整も必要です。


ところがmeviy+ミスミで統一されたBOM(通称:ミスビーBOM)の場合

BOMのエクセルをミスミの注文画面に貼り付けて発注、で完了。

5分あれば十分です。納期も即時把握できます。


ミスミで発注できるのがミソです。

ミスビーBOMであれば加工品も購入品も包括的に手配可能。


細かなコストダウンがかけれないですが

購買工数と天秤にかけると、、どうでしょう?

このコスト差を工数で埋めるのは難しいかもしれません。






ただ、いいとこ尽くめではなくmeviy利用の課題点もあります。


①サプライヤ、として見たときのQCD

図面レスということを置いておいて、サプライヤとして考えた場合です。


・機械加工部品

QCがもう少しといった印象。

また、フレキシブルさには少し欠けます。

担当者見積りにすればいける場合が多いですが割高です。

meviyに合わせた設計をすれば効果的ですが

今のサプライヤからのスライドだと難しいケースが多そうです。

・板金部品

QCが他社に迫るどころか追い抜き始めている印象です。

ほぼQCDは最大と思ってもらって結構です。



②図面レス、の運用方法

ここはツイッターでも議論が白熱した部分です。


試作、1品モノで図面履歴を気にしない場合は問題なしです。


2D図面運用からのスライドの場合、公差や材質・処理、

改訂情報などをどう運用するかが課題になりそうです。


3Dはデータ上に公差を記入することも、PMIを付与することもできますが

3Dデータ→meviyにアップロードする段階で人の手で再設定が必要です。


例えば設計者は公差指示していたけど、アップロードして条件設定する段階で

意図していた情報が外れる可能性があります。


・meviy上でのチェックをどうするか

・改訂情報をどうするか(別のドキュメントなりPMIなりでやるか?)など


ここは各社の設計購買システムや規模感で大きく変わりそうです。

また、組立などの後工程を踏まえたところでも考える必要があります。



PMIに関しても今のところ連携はできませんので

ここが相互に連携できて、下記のようになればかなりいいですよね。

3DのPMIで材質、処理を指定

meviyにアップロード時に自動的に材質、処理を設定

meviyで型式取得

3DのPMIに型式情報が付与


ツイッターにはiCADでこれに近いことをできてる人がいるような?

SW誰かやってくれないかな←




話がそれましたが…

一様に図面レスがいい!とも、ダメ!とも言えません。

ケースバイケース。

ですが、言えることはmeviyをうまく使わない術はないでしょう。



エンジニアリソース不足はどこもが抱える課題。

運用上のハードルもありますが、うまくサービスを利用すれば

リソースの有効活用、生産性向上に直結します。


あとはエンジニアがどれだけ変化に寛容になれるかです。

恐れずに、新たなステージに飛び込みましょう。

その土台ができつつあるのですから。



あと、当たり前ですが設計環境の3D化。

これは必須の領域に入っていますよ~!



次回、弊社のmeviy活用事例です!









閲覧数:1,129回0件のコメント

最新記事

すべて表示

展示会前夜

こんにちは、GRAFFです。 実は今年の5月頃に納品した装置以降、装置製作の受注が無い期間が続いていました。 端的に言うと営業戦略のミスであります。(爆 2023年前半は怒涛の装置開発・製作で全く余裕がなかったので…(汗 ただ、マーケティングがハマっていない実感はあったので どこかのタイミングでディレクションを修正する必要性を感じていました。 改めて自社を見つめるにはいいタイミングでした。 さて、

meviy活用事例

こんにちは、GRAFFです! GRAFFでのmeviyの活用方法をご紹介します! ①板金部品 板金部品加工部品は、100%meviy化しています。 その理由は以下の通り。 ・複雑な形状が多く、図面レスによる工数減の効果が大きい ・寸法公差を振らないので、図面レスでも運用上の問題がない ・QCDが他サプライヤよりも優れている 決定的なのはQCD。 私の知り得る範囲では板金加工部品のQCDはmeviy

Comments


bottom of page