top of page
  • 執筆者の写真祐也 矢倉

CADはあくまでツール

こんにちは!GRAFFです。



CAD操作できます!って聞くと

お、設計者だな!この設計を頼むよ!


となりそうですが、ちょっと待った!

CAD操作スキルと設計スキルを混同したらだめです。。



エンジニア採用したけどダメだった、のミスマッチはここが原因の一つかもしれません。


CADはあくまで設計支援のツールにすぎません。

2Dでも3Dでも、手段が違うだけです。

悪い意味ではなく、ただのお絵描きツールです。

もちろん操作に長けているに越したことはないですが。。



設計は全く別スキルです。

もちろん機械設計の知識が必要なのはもちろん、

購買、加工、組み立て、検査、メンテナンス…

様々な知識が必要です。



設計者のスキルを一概に推し量るのは難しいですが

現場を知っている設計者は間違いない!というのが持論です。


ものづくりの答えは現場にある!本質です♪


是非、参考にしてみてください。




閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

展示会前夜

こんにちは、GRAFFです。 実は今年の5月頃に納品した装置以降、装置製作の受注が無い期間が続いていました。 端的に言うと営業戦略のミスであります。(爆 2023年前半は怒涛の装置開発・製作で全く余裕がなかったので…(汗 ただ、マーケティングがハマっていない実感はあったので どこかのタイミングでディレクションを修正する必要性を感じていました。 改めて自社を見つめるにはいいタイミングでした。 さて、

meviy活用事例

こんにちは、GRAFFです! GRAFFでのmeviyの活用方法をご紹介します! ①板金部品 板金部品加工部品は、100%meviy化しています。 その理由は以下の通り。 ・複雑な形状が多く、図面レスによる工数減の効果が大きい ・寸法公差を振らないので、図面レスでも運用上の問題がない ・QCDが他サプライヤよりも優れている 決定的なのはQCD。 私の知り得る範囲では板金加工部品のQCDはmeviy

bottom of page